妊婦さんとお茶の摂取

妊婦さんでも、お茶やコーヒーが飲みたいものです。しかし、妊娠中はあまり飲まない方が良いと聞いたことがある方も多いと思います。その理由はカフェインにありますが、コーヒーは納得がいきますが、お茶はどうでしょうか。
たとえば、お茶の中でも緑茶は、胎児の細胞分裂を助け、産後の成長を助ける亜鉛がたくさん含まれています。また、カテキンやビタミンCには、殺菌力や抵抗力をつける作用があります。しかし、カフェインも含まれていますので、妊婦さんにとっては、ガブ飲みは控え、摂取量に気をつける方が良いといわれています。
カフェインがお母さんや赤ちゃんにどのような影響を与えるのか、その影響はまだはっきりとわかってはいませんが、長期的に摂取することで、赤ちゃんの発育を阻害するかもしれないとの指摘があります。特に妊娠初期には、赤ちゃんがこれから育つベッドとなる胎盤や、赤ちゃんの基礎を作る大切な期間なので特に注意しましょう。
ちなみに、お茶100mlのカフェインの量は、煎茶とほうじ茶では20mg、玉露120mg、抹茶30mg、番茶と玄米茶では10mgとなっています。これらは目安で、茶葉の量や抽出時間にもよります。妊娠中期や後期でも、お茶の成分は色々と影響を及ぼすため、初期にかかわらず、摂取量には注意が必要です。

交通事故による弁護士依頼も可能な整骨院

37週目の妊婦さんの約3%が逆子。矯正はできるのか

人気の医療漫画「コウノドリ」33巻でも、逆子に着いては取り上げられていますが、妊娠37週の時点で胎児が逆子になっている割合は3%ほどあります。逆子になる原因は、子宮筋腫があるケースも少なくありませんが、赤ちゃんがその姿勢が一番楽だからだと言われています。
現在、逆子の場合はほとんどが帝王切開になります。理由は、分娩時に胎児が骨折したり神経を損傷するリスクが高いこと、へその緒が脱出して新生児仮死や死産などの悲しい結果になるリスクが高まること、分娩遷延による悲しい結果になるリスクが高まることなどがあげられます。
逆子の矯正術として外回転という施術方法もありますが、行っている医療機関は少ないです。東京都内の医療機関で2012年1月から2014年8月までに行われた250例の外回転の結果は、186例が頭位に矯正できました。初産婦の71%、経産婦の86%が成功しています。手技中に帝王切開になった人が、7名いました。
外回転は必須の手技ではないため、帝王切開でも良いという人や緊急帝王切開が必要な人、妊婦さんが小柄で経膣分娩が困難だと思われる人には勧めません。また妊婦さんが肥満の場合は、手技が困難なので行わないことが大半です。施行する際は、必ずいつでも帝王切開に移行できる準備を整えた上で行います。
逆子の矯正に対して、逆子体操や鍼灸は医学的なエビデンスは乏しい、というのが産婦人科学会の見解です。

妊婦の安定期と過ごし方

安定期に入ると流産のリスクが低くなると言われています。では、安定期とはいつ頃の期間のことなのでしょうか。基本的に言って安定期とは、妊娠五か月に入った時期を指しています。一般に、この時期に入った妊婦はたいへんだったつわりも治まり、食欲不振なども治まってくることでしょう。また、安定期に入ると、妊婦の子宮の中では胎盤が完成します。この胎盤を通して大切な胎児に栄養が運ばれるため、非常に重要な時期でもあります。
このように流産のリスクが低くなる時期ではありますが、その可能性がゼロになってしまうわけではありません。そのため、妊婦は安定期の過ごし方に関して十分な注意が必要でしょう。では、この時期をどのように過ごしたらよいのでしょうか。
無理のない範囲で適度な運動を行なうことが勧められています。例えば、ウォーキングは誰でも気軽に始めることができる運動と言えるでしょう。また妊婦向けの運動として、スイミングが取り上げられることがあります。この場合、必ず医師に相談してから行なうのがよいでしょう。
加えて、安定期に入った多くの妊婦がやっておくとよい事柄があります。それは、お腹が大きくなって動くのが対辺になる妊娠後期に入る前に出産の準備をしておくことでしょう。