ビタミンとミネラルはヒトが生きる上で大事なもの

ヒトをはじめとするアニマルにとっては、ビタミンは欠かすことができない栄養素だ。

中には不足すると健康をすごく損なうものもある結果、サプリを開発して効率的に摂取することも現在行われている。

くだものや野菜などから摂取できるものでは、ビタミンCが代表ではないでしょうか。

こういう成分はカラダで抗酸化を促進したり、コラーゲンの生成を促すなどの能力をもっています。

こういう特色に着目して、化粧品の重要な要素としても使われてきました。

ビタミンCが生きるグッズも登場している。

その他にはビタミンAやビタミンB1もありますが、主菜と副菜のバランスが良いランチタイムから摂取することが良いとされています。

また発酵によって大幅に増えるビタミンがあることも重要です。

米糠と塩を主な根底として、干した大根を漬け込むと沢庵漬けが出来上がります。

漬物の発酵中には乳酸菌が活躍して、各種のビタミン群が大幅に増える結果、昔のヒトは栄養素の豊富な保管食として利用していました。

糠漬けやキムチも同様なものを持っていますから、発酵ミールからも積極的に摂取して下さい。

生きていく為には多くの栄養を必要とし、特に大きな役割を担う栄養を5大栄養と呼びます。

5大栄養はタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、そしてミネラルだ。

ミネラルには免疫を高めたり、入れ替わりに必要な能力を担ったりと、ヒトが活動するために必要な様々な能力を担います。

ミネラルと一言でいってもカルシウムやりん、カリウムなどがあり、ヒトはカラダでこれらのミネラルを生成できません。

そのため、必要な分は飲食から摂取する必要があります。

ただしカラダにはわずか4パーセントしか構成されておらず、不足する人は少なくありません。

ときにはライフアクティビティに支障をきたすこともあるのです。

たとえばカルシウムが不足すると骨粗鬆症のリスクが高くなり、カリウムが不足すると便秘や低血圧などを引き起こします。

またどのミネラルも不足すると動脈硬化や心筋梗塞、糖尿疾患など危険がある病魔の発症パーセントを高めてしまう。

ミネラルは意識的に摂取することが可能です。

たとえば今では手軽に購入できる水、精製されていない塩などは手軽に使えます。

近年は野菜に含まれる栄養も減ってきているので、水や香味料などから上手に摂取するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です